判例評釈

 裁判所で重要な判決が下された時に、その判決に対しての経緯や説明あるいは批評した論文が出されます。こういったものは判例解説、判例研究あるいは判例評釈など呼ばれています。主に法律雑誌や大学の紀要に掲載されます。
  1. 「最高裁判所判例解説」 『法曹時報』

  2.  雑誌『法曹時報』では毎号「最高裁判所判例解説」を連載しています。解説の後の参考文献欄にその判例の評釈がどこに掲載されているか示されています。この解説は最高裁判所の調査官が執筆していることもあり、特に重要視されています。そのうち年度毎にまとめられて『民事編』と『刑事編』に分けて刊行されます。その際は『法曹時報』の掲載時とは解説が加筆修正されていることがありますので、注意してください。
  3. 「判例百選」シリーズ 『ジュリスト』別冊

  4.  憲法や商法、刑法など各分野における重要判例を選び解説しています。
  5. 「○×年度重要判例解説」 『ジュリスト』臨時増刊

  6.  上記の「判例百選」を補うもので、年度毎に重要判例の解説をまとめています。 平成17年度版までは6.10号、それ以降は4.10号の【臨時増刊】で発行されています。図書室では製本の際、ジュリストの通常号と一緒に製本しています。
     ☆ 2013.4.10号(No.1453) 【臨時増刊】平成24年度 重要判例解説
     ☆ 2012.4.10号(No.1440) 【臨時増刊】平成23年度 重要判例解説
     ☆ 2011.4.10号(No.1420) 【臨時増刊】平成22年度 重要判例解説
     ☆ 2010.4.10号(No.1398) 【臨時増刊】平成21年度 重要判例解説
     ☆ 2009.4.10号(No.1376) 【臨時増刊】平成20年度 重要判例解説
     ☆ 2008.4.10号(No.1354) 【臨時増刊】平成19年度 重要判例解説
     ☆ 2007.4.10号(No.1332) 【臨時増刊】平成18年度 重要判例解説
     ☆ 2006.6.10号(No.1313) 【臨時増刊】平成17年度 重要判例解説
     ☆ 2005.6.10号(No.1291) 【臨時増刊】平成16年度 重要判例解説
     ☆ 2004.6.10号(No.1269) 【臨時増刊】平成15年度 重要判例解説
  7. 「私法判例リマークス」 『法律時報』別冊

  8.  民法・商法・民事手続法・国際私法の諸分野における各審級の新しい判例を対象として評論を行ってます。
  9. 「判例セレクト」 『法学教室』毎年2月号、3月号別冊

  10.  判例セレクトは,憲法・民法・刑法の三分野について,各年の「判例の動き」と重要な10件前後の判例を収録し,1件1頁でコンパクトに解説したものです。

判例評釈を探す

《冊子体》
  • 「判例評釈」 『法律時報』連載

  •  『法律時報』の末尾で「文献月報・判例評釈」にて連載しています。文献月報は法律関係の論文や図書の書誌情報が載せられており、判例評釈は雑誌や紀要で判例評釈がどこに掲載されたかを知らせてくれます。
《データベース》
  1. LEX/DBインターネット

  2.  探し出した判例に評釈がある場合にはその書誌情報を見ることができます
  3. Westlaw JAPAN
     1.と同様、探し出した判例に評釈がある場合にはその書誌情報を見ることができます。
     ※ 法学類生のみ利用可能です
  4. 国立国会図書館サーチ
  5. CiNii Articles 国立情報学研究所

  6. こちらでも判例評釈を探すことができます。

(Apr 10 2013 更新)